スポンサーサイト

  • 2010.04.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


NIGHT

(Deteil)


今日新作の“NIGHT”が完成しました。

近々サイトのリニューアルと共にお披露目します。

韓国ソウルの下見と
SEOUL PHOTO(http://www.seoulphoto.org/)
への参加のため

来週からソウルに行きます。

それから5月の半ばから六本木ヒルズのヒルズクラブにて個展をします。詳細につきましては後ほどお知らせします。



ホーミー

http://www.youtube.com/watch?v=NNVrmW0VL2I

Hong Kong

Diorama Map 香港ようやく完成しました。

もうじきアップされます。

“NIGHT”も完成まじか。。

あとホームページもがらっとリニューアルされます。

image


未来

 ある方がブログで紹介していたロボットの動画を見て知ったんですけど、
これがまた非常に不思議な気持ちになった。

「四脚ロボのBIGDOG」というもので、
山や氷の上を四脚で走行するというもの。。
走ったりもする。

それが本当に凄いんです。

がたがたな道を歩けたり、雪の上をうまい具合に歩けたり、
人がおもいっきりそのBIGDOGを蹴ってもちゃんとバランスを保ってこけずにいる。

でも大笑いしてしまった。

今まで見てきたロボットってせいぜい二足歩行でいかにも「ロボット」という感じで、
歩き方も固くて、ぎこちない。
そんなイメージが植え付けられてるからか、このBIGDOGは動きが非常に滑らか。
二人の人間が中に入ってるんかっと本気で思ってしまうぐらいのできだ。

でもあと何十年もしないうちにこれを大笑いせずに見れるんだろうなっと内心不思議な気持ちになってしまった。

技術の進歩ってそういうことなんだろうなと。

こうやってパソコンに向き合ってタイプをうちながら、
パソコンがなければこの『今』という時間をどう過ごすのかなぁとかんがえてしまった。

今週は東京都現代美術館で開催されている『サイバーアーツジャパン-アルスエレクトロニカの30年』を見に行く。 非常に楽しみだ。


記憶の断片

 Diorama Map “Hong Kong”

徐々に完成に近づきつつある。
3000枚〜4000枚の写真を一気にに見ると、
このピースがどこのピースなのかわからなくなってくる。
記憶とは不思議なもので、一枚のピースを見てもはっきりしないのに
その隣にピースを繋ぎあわすことでぼんやりした記憶が少し蘇ってきて、
その隣その隣その上その上と張り合わせることによって完全に視界がはっきりしてくる。

写真を撮っているときは、
目の前に広がる世界を舐めまわすように見てしっかり記憶しているにも関わらず、
日が増すごとにどんどん曖昧になってくる。。

糊とはさみとテープでペタペタ張り合わせてるといつも、
「うわぁ、行ったなぁ、あぁそうかぁ」の連続です。
その感触がすごく気落ち良いんです。








SEOUL PHOTO 2010

4月の展示です。
実は、大学の時に同じ学年だったキムさんがこのイベントに絡んでてびっくりしました。
Dioramama Map SEOULも彼にお願いする予定です。

EMON PHOTO GALLERY NEWSからの抜粋 ↓

SEOUL PHOTO 2010

EMON PHOTO GALLERYは、SEOUL PHOTO 2010に出展致します。
ゴールデンウィークに韓国にいらっしゃる方や、これから予定を計画される方はぜひSEOUL PHOTO 2010に
お越し下さい。

SEOUL PHOTO 2010
http://www.seoulphotofair.com/

会期:2010.04.29(火)〜2010.05.03(月)
   11am - 8pm(最終日のみ6pmまで)
会場:COEX
COEX, World Trade Center, Samsung-dong, Seoul, Korea
Tel: +82-2-6000-0114





地道な仕事。。

ART HK 2010


Diorama MAP “HONG KONG”

香港から帰国してはや3週間。
手を休める事なく作業をした。
ようやく張りつけ作業までやってきた。
非常に早いペースである。
これには訳がある。。

5月の香港アートフェア(http://www.hongkongartfair.com/)
に出展するためと、5月から次の都市の撮影を控えているのとで、
あまりうかうかしていられないから。
山の撮影も現在進行中で動いているので、なかなかハード。

精神的にきついことをしているわけでないのでまったく苦ではないが。。

ただ今回はピースの多さに目が眩んでいる。
まぁ記憶を蘇らせながら地道にやるだけ。
撮影している時期が懐かしい。
ほんまに懐かしい。
嗚呼
ホテルの近くの屋台で雲呑麺を啜ってたのが3週間前やとは、信じられない。
時間の感覚ってほんまに不思議やなと思う。
ながーく感じたり、一瞬のように感じたり。。
でもこれから年を重ねるにつれて短く感じる事の方がどんどん多くなりそうや。。





YAMA

 毎日極寒の日が続く。
家の中でも厚着で靴下二枚履き。。
どんな家に住んでるの?と言われそうだが、、
確かに僕の家の周りは自然が多い所なんで都会よりもわりとさぶい。
今日も、制作のため更に極寒な雪山へ行く。
寒さをこらえて山をみた。
そんな寒さもいつの間にか遠のいていた。無心に歩いた。
山の表情の移り変わりが本当に面白いと確信した。
今日も行ってよかった。。





EMON selection vol.1

香港から帰ってまいりました。

家に帰ってきたらやることがたまってて、ちょっと焦り気味ですが...

まぁほんとに濃い20日間でした。

今回は香港レポートではなくて、
展示のご案内です。

2010.02.09 TUE 〜03.05 FRI
エモン・フォトギャラリー コレクション展の第一弾として、
エモン・フォトギャラリーがお薦めする4名の作家による常設展を開催致します。
展示作家は、海沼武史、西野壮平、西山尚紀、宮原夢画の4名です。
http://www.emoninc.com/




宜しくお願い致します

sohei

Hong Kong

 香港にきてもうあっというまに10日間だすぎた。

この10日間は足がパンパンになるほど歩き回って香港の街をみた。

本当に色々な方からの情報提供があり、今までの撮影(特に海外の都市)に比べると、
断然早いペースで出来てきている。

はじめてその土地に行ってまず最初にやることは、
その土地で一番高いところか、その土地を広く見ることが出来る場所に行く。

今回も初日にビクトリアピークという山に登り、香港を見下ろしたのだが、
自分が想像していた香港の印象よりも小さく感じた。
日本にいる時にリサーチしてて、
あれだけの建物がいっぱいあるのだから街としてもかなり大きいのかなと勝手に想像していた。。

高い所からおりて、次に街をくまなく歩くのだが、
人の多さにびっくりした。
もうとにかく人、人、人、で前になかなか進めない。
一駅分を歩くのに普通に歩けば10分のところをこっちだと20分ぐらいかかってしまう。
せまい場所にあれだけ多くのビルを建てるからかなんなのか。
いずれ人の渋滞情報の表示がでるんじゃないかとおもってしまう。。

家でグーグルアースで見たときの香港の印象は、あくまで“イメージ”でしかなく、
実際に歩いて自分が記憶したものと、A3サイズぐらいのパソコンのモニターに映った街とはまったく一致しなかった。





calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links